会社紹介

社長挨拶

写真  
                  わたしたちは、ものづくりの原点であります、

             「より良く、より安く、より早く」を目指して、

            顧客満足を最優先にした製品づくりに邁進していきます。



                                  代表取締役社長 浦出義次

会社沿革



昭和15年3月     電機機器その他精密機械の製作販売を目的として、
            「京都精工株式会社」創立


昭和28年1月     「京都精工電機株式会社」と改称
            配電盤・分電盤・制御盤・高圧遮断機器及び
            その他電気機械器具の製造販売を目的とする


昭和35年4月     京都市右京区梅津段町に梅津工場を新設


昭和45年5月     京都南工業団地内に久世工場を新設


昭和47年3月     生産性向上を計るため久世工場を拡張、新本社工場とする


昭和52年3月     会長 井上二郎、社長 井上昌眉となる


昭和53年3月     久世工場を増設、京都南工業団地に会社集約移転する


昭和55年3月     電算機(コンピュータ)導入、OA化進む


平成2年3月      設計業務能率アップを計るためCAD導入


平成11年11月    会長 井上昌眉、社長 井上哲次となる


平成12年2月     (社)公共建築協会評価名簿登録(分電盤・制御盤・キュービクル式配電盤)


平成15年11月    京都市右京区梅津高畝町に本社工場を移転


平成17年7月     ISO9001:2000、JISQ9001:2000取得


平成17年8月     建設業(電気工事業)許可取得


平成20年5月     ISO14001取得


平成20年6月     京都市南区久世東土川町に営業部と工場一部移転


平成20年8月     ISO9001:2008、JISQ9001:2008取得


平成20年11月    日本配電盤制御システム工業会優良工場認定


平成21年10月    渡邉隆夫監査役、日本郵政(株)の社外取締役就任


平成21年11月    会長 井上哲次、社長 浦出義次となる


平成25年3月     京都市南区久世東土川町に生産拠点をすべて集約


平成25年9月     KES(環境マネジメントシステム・スタンダード)取得の為の活動を開始


平成26年1月     KES(環境マネジメントシステム・スタンダード)ステップ1を取得


平成27年4月     (社)公共建築協会評価名簿の高圧スイッチギヤ(CW形)項を新たに登録

組織図

写真

品質方針



一、
負荷変動に柔軟に対応できる組織・仕組みを確立し
顧客のニーズを満たす製品システムを提供する


二、
要求事項に適合した製品の提供と品質マネジメントシステムの
有効性の継続的な改善を行う


三、
損益分岐点の更なる引き下げを行うため、
徹底したムダの排除を実践する


平成29年2月1日

環境宣言



・基本理念

京都精工電機株式会社(以下「当社」)は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、全組織、全社員を挙げて環境負荷の低減に努力します。


・方針

当社は電気機械器具製造等の製造・販売に係わる、全ての活動・製品及びサービスの環境影響を低減するために次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して地球環境との調和を目指します。

1.当社の活動、製品及びサービスに係わる環境影響を常に認識し、環境汚染の予防を推進するとともに、環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。

2.当社の活動、製品及びサービスに係わる環境関連の法的及びその他要求事項を順守します。

3.一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を全従業員に周知するとともに一般の人々が入手できるようにします。

取引銀行

三井住友銀行・京都銀行
京都信用金庫・商工中金
三井住友信託銀行・京都中央信用金庫     

加盟団体

(協)日新電機協力会
(一社)日本配電制御システム工業会
(公社)京都工業会
京都経営者協会
京都南工業団地(協)